headband

卵管閉塞 妊娠

HOME >> 卵管検査について

卵管検査について

卵管閉塞、卵管水腫、子宮内膜症など卵管の働きを低下させる病気は様々あります。

中には自覚症状がない病気もあり進行した状態で判明するケースも多々あります。

これらの病気を治療するためには「どのような状態なのか?」、「どのような治療法をするべきか?」これらが重要です。

それを知るためには検査を受けなければいけません。

卵管に関する検査の種類はたくさんあり、これから

・卵管内の検査

・卵管外の検査

この2種類から卵管検査を説明します。


卵管内の検査

卵管内の検査とは検査器具を卵管内に挿入する検査法です。

まずは通気検査ですがまずガスを子宮内に送り込みます。

その後卵管から腹腔内へのガスの動きを音により検査したり、内圧をチェックすることで卵管内に異常がないか確認します。

次に子宮から特殊な管を使用して食塩水を送り込み、水圧の変化によって異常を調べる通水検査があります。

通水検査は多くのクリニックや病院で行われている検査法です。

最後は卵管造影検査ですが、これは造影剤を子宮内に送り込み、放射線検査により卵管や周辺の様子を確認する検査です。

非常に高度な検査で用いられることも多く、また造影剤を注入したことで卵管内の通りが良くなったケースも多々あります。

卵管外の検査

卵管外検査は卵管ではなく周囲に検査器具を挿入する検査法です。

卵管外検査の代表が腹腔鏡検査なんですね。

腹腔鏡というのは内視鏡のことで、これを腹部に小さい穴を開けて挿入します。

この腹腔鏡の先端にはカメラがついており、撮影した映像をモニターでチェックすることができます。

卵管内検査との違いは直接問題箇所の状態を確認できるといういことです。

ただ卵管内に挿入することができないので、基本的には卵管と周辺に異常がないかをチェックすることが目的です。

しかしなかには子宮内に色付きの液体を注入して腹腔鏡のカメラで直接卵管内の通りを色で確認する検査を行っているクリニックもあります。

また腹腔鏡検査のメリットとして先端に細かい器具が装着しているものがあり、異常を確認した直後に施術することができます。


卵管検査のまとめ

卵管検査の方法として

・卵管内の検査

・卵管外の検査

この2点を説明しました。検査法については医師と相談した後に決定されます。

もし病気になった場合は感情的になるのではなく、医師の指示に従って検査を受けて自分の状態を知ることが治療への第一歩です。

また検査は治療だけでなく予防や早期発見という意味でも有効ですので、「なんかおかしいな」と感じたら、クリニックに相談してみてください。


当サイトの人気記事

 1番人気! 卵管閉塞(卵管狭窄)について詳しく調べてみました

pagetop