headband

卵管閉塞 妊娠

HOME >> 子宮内膜症による卵管障害について

子宮内膜症による卵管障害について

不妊治療を受けて不妊症改善に努力している夫婦は多いと思います。

ただ不妊症の原因は多々あり、その原因を改善しないかぎり妊娠することは難しいでしょう。

排卵の働きが悪くて不妊に陥るケースも多々あります。

ただ排卵の不調と聞くと「排卵閉塞」をイメージすると思いますが、排卵の働きを低下させるのは他にも原因があるんですね。

それは子宮内膜症です。

実は子宮内膜症で悩んでいる女性は多いです。

この子宮内膜症について

・基本説明

・卵管への影響

・治療法

この3点から説明します。


基本説明

まず子宮内膜症について説明します。

女性の子宮の内側には内膜が存在しています。

この内膜はエストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンの分泌によって大きくなっていきます。

子宮内膜が大きくなることで受精卵が着床しやすくなり、妊娠の確率が高まります。

ただ女性はつねに妊娠するわけではありません。

妊娠に関係ない時期でも子宮内膜は大きくなっていきますが、ある時期になるとこの内膜が剥がれ落ちて体外に排出されます。

これが月経です。

しかしこの子宮内膜が子宮以外の箇所に出来てしまうと排出することができないため体内に蓄積されていきます。

これが子宮内膜症です。

これにより腹痛だけでなく不妊症になる危険性もあるんですね。


卵管への影響

次に卵管への影響ですが、この子宮内膜症は体内、特に生殖器官周辺に発症します。

これが卵管周辺に発症した場合、その内膜が卵管を圧迫します。

卵管は管なので圧迫により中の通りが悪くなってしまうんですね。

それにより卵子のピックアップや受精卵を子宮に運ぶことができず不妊症になります。

人によっては自覚症状がないため、そのまま放置されることもあります。


治療法について

治療については薬物治療と手術治療の2つがあります。

薬物治療の場合は月経を止めることを目的としているので、痛みは軽減できますが不妊症の改善にはなりません。

次に手術療法ですが、腹腔鏡という特殊な管を挿入して問題箇所を切除します。

また重症の場合は開腹手術を行うこともあります。

ただ子宮や卵巣をそのまま残しておくと再発する可能性があります。

もし妊娠を希望している場合は体外受精を受けるケースもあります。


子宮内膜症による卵管障害のまとめ

子宮内膜症による卵管障害のポイントとして

・基本説明

・卵管への影響

・治療法

この3つを説明しました。

女性の10%が発症する病気ですので決して他人事ではありません。

発症する原因については詳しくわかっていませんが、生活習慣が大きく影響することもあります。


当サイトの人気記事

 1番人気! 卵管閉塞(卵管狭窄)について詳しく調べてみました

pagetop