headband

卵管閉塞 妊娠

HOME >> クラミジア感染について

クラミジア感染について

不妊症の原因の一つである卵管閉塞。

両方の卵管に発症してしまうと自然妊娠が困難になってしまうほどの重症です。

この卵管閉塞はクラミジア感染により起こってしまいます。

このクラミジア感染は性病のなかで一番発症率が高いんですね。

しかも10代後半から20代にかけて感染者が多くなっています。

女性が感染してしまうとまず子宮の入り口が感染して炎症を起こします。

その後進行するにつれて卵管、腹腔、骨盤内に感染してしまいます。

具体的な症状としておりものが増えたり、不正出血、腹痛など起こります。

なぜクラミジア感染が起こってしまうのでしょうか?

またどうしたら防げるのでしょうか?

これから

・原因

・治療と予防

この2点から説明していきます。


原因について

クラミジア感染はクラミジアとラコマティスという菌によって感染します。

感染の原因が性交渉です。

つまり相手がクラミジアに感染されていると粘膜の接触や精液や膣液によって菌が侵入してくるんですね。

「なんで自分が感染しているのに相手に移してしまうの?」という疑問を持つ人もいるでしょう。

これは悪意があるわけではなく、自分が感染しているのに気づかないからなんですね。

男性の場合は感染しても症状が出にくいので、そのまま性交渉してしまうことが多々あります。


治療と予防について

クラミジア感染は上記のように症状が出ないことが多く、重症になってから治療を受ける人もいます。

その場合は病院に行きクラミジアに効果のある抗生剤を長くて1週間服用します。

その後検査を受けて陰性になっていれば治療は終わりです。

もし骨盤内まで感染してしまった場合は数日間点滴を受ける必要があります。

再検査によって陰性が出れば再発はまずありませんが、また感染している相手と性交渉することで再感染することがあるので注意してください。

次に予防策ですが性交渉の時にコンドームを使用するのが有効です。

それにより子宮内に菌が侵入することを防ぎます。

またお互いに定期的に検査を受けることも予防につながります。

病院に行って検査を受けるのが望ましいですが多忙であったり、人に知られるのに抵抗がある人は検査キットを使用することを薦めます。

検査キットはインターネットで購入することができます。


クラミジア感染のまとめ

クラミジア感染について

・原因

・治療と予防

この2点から説明しました。

クラミジア感染は誰にでも発症する可能性があるので注意してください。

事前検査については自分のためだけでなく相手のためにも受けてください。


当サイトの人気記事

 1番人気! 卵管閉塞(卵管狭窄)について詳しく調べてみました

pagetop