headband

卵管閉塞 妊娠

HOME >> FTカテーテル法について

FTカテーテル法について

卵管がクラミジアなどに感染してしまうと卵管閉塞という病気になってしまいます。

卵管が塞がってしまうことで腹痛を患うだけでなく、妊娠の可能性を著しく低下してしまいます。

放置すると悪化してしまうので治療をしなければいけませんが、治療法の一つにFTカテーテル法があります。

これから

・基本説明

・体外受精と比較して

・注意点

この2点からFTカテーテル法を説明します。


基本説明

FTカテーテル法は卵管の詰りを除き、開通させることを目的とした治療法です。

まず子宮に麻酔を行った後にカテーテルという特殊な管を挿入します。

それを卵管の問題箇所まで挿入していき、問題箇所に到着するとカテーテルの先からとても小さい風船を膨らませます。

これにより卵管が広がり通りが良くなるんですね。

その後は卵管鏡という特殊な内視鏡を挿入して細かい情報を得るだけでなく、詰りの原因を取り除きます。

これは原理として心臓の血管に行われる手術と同じです。

痛みに関しては個人の状況によって異なりますが、麻酔をしているので激痛はないでしょう。

施術時間ですがおよそ30分程度ですので、日帰りも可能です。


体外受精と比較して

卵管閉塞の治療法はFTカテーテル法と体外受精の2つがあります。

FTカテーテル法は成功することで自然妊娠することができます。

同じ妊娠でも体外受精の場合は自由診療であるため全額自己負担です。

それに対してFTカテーテル法は保険適用内なので3割負担になります。

詳しい金額については各クリニックで確認してください。


注意点

これまでの説明でFTカテーテル法がいかに優れている治療法かわかっていただけたと思います。

自然妊娠が不可能と言われている両方の卵管閉塞に対しても治療可能です。

しかし注意点があります。まずFTカテーテル法が成功しても100%妊娠成功するわけではありません。

あくまでも卵管の詰りを除去しただけなので他に問題がある場合は妊娠できません。

また施術後も今までクラミジアの影響を受けた卵管が残っているため、子宮外妊娠になってしまう危険性もあります。

この注意点を頭にいれてから治療を受けてください。


FTカテーテル法のまとめ

FTカテーテル法のポイントとして

・基本説明

・体外受精と比較して

・注意点

この3つを説明しました。

つまりFTカテーテル法は自然妊娠の可能性を復活させる治療法なんですね。

仮に自然妊娠できなくても、その後から体外受精に移る方法もあります。

卵管閉塞を放置したままの体外受精を受けるよりFTカテーテル法を受けたと後のほうが成功率も高いです。


当サイトの人気記事

 1番人気! 卵管閉塞(卵管狭窄)について詳しく調べてみました

pagetop