headband

夫の立会い出産、わたしは嫌です

HOME >> 夫の立会い出産、わたしは嫌です

夫の立会い出産、わたしは嫌です


夫の立会い出産、わたしは嫌です

わたしは28才のときに長男を生みましたが、中期に妊娠高血圧症候群であることがわかり、後期の検診で子宮収縮が起きていて通常出産だと危険と先生が判断したので即入院、その日に帝王切開で生みました。

なので主人の立会いはできなかったのですが、普通分娩だったとしても立会いは嫌です。

元々主人が立会いに積極的ではなかったのと、血や痛みや家族が病気や怪我をしている状況に弱かったりするので立会いをすることでトラウマっぽいのが残るとかわいそうだからです。

あとこれは今になってから思うとなんですが、帝王切開が決まって病院へ来た時、ちょっと手持無沙汰になるとビデオカメラをいじり、わたしが不安で落ち着かない様子を撮ったり、術後パンパンにむくんで点滴してる様子を意味なく撮ったりしていたんで、分娩の時も絶対撮り続けると思うからです。

帝王切開の術後でも大変だったのに、陣痛や分娩で苦しんでいる時にカメラをずっと向けられたら感情的になってキレちゃうかも?そうしたら先生や看護師さんに醜態を見せることになってしまうので、主人には立会いナシでじっとおとなしく待ってて欲しいです。


当サイトの人気記事

 1番人気! 卵管閉塞(卵管狭窄)について詳しく調べてみました

pagetop