headband

子供が人生のすべてではない

HOME >> 子供が人生のすべてではない

子供が人生のすべてではない


子供が人生のすべてではない

体外受精をしてまで子供が欲しいとは思いません。

自分、もしくはパートナーの遺伝子をのこしたいと思うのはエゴだと思うのです。

お金に余裕があるならともかく、貧乏で自分たちの力で不妊治療のお金を捻出することもできないのに、さまざまな方法で補助を受け、そのお金で子供を持つというのは賛成できません。

「子供は国の宝」とか「子供は地域で育てるもの」なんて言う人も言いますが、そんなことはありません。

他人が子供を授かるために税金を払っているわけではないのです。

そこまで、国や自治体が子供ができない人を手助けする必要はないと思います。

子供が人生の全てではないですし、子供のいない人生を楽しむべきです。

無いものねだりするだけでは、オモチャを欲しがる子供と同じです。

親のいない子供はたくさんいます。

どうしても子供を育てたいというのであれば、そういう子供を育てるべきです。

自分たちの子供が欲しい、お金は無いけど援助して欲しい、それはわがままでしかないと思います。


当サイトの人気記事

 1番人気! 卵管閉塞(卵管狭窄)について詳しく調べてみました

pagetop